ギャンブル依存症になる原因

ギャンブル依存症になる原因を探っていきましょう。

現代の世の中はストレス社会といわれいます。
ポルシェ購入して猛スピードで駆け抜けたり、
大声で叫んでみたり・・・
それができれば楽ですが。
会社では理不尽な量の仕事や、人間関係に悩まされながらも勤めて、
家に帰れば鬼嫁と姑の口論に耳を塞ぎ…該当した方居るんじゃないでしょうか?

このようにストレスを感じる状態が続いたとき、人間というのはその苦痛から逃れたいという衝動にかられます。これは一種の本能ともいえます。

何らかの手段で一時的に日頃のストレスから開放され快楽を得た時に、脳内ではある物質が分泌されているのです。

ご存知中田も居るかもしれませんが、それはドーパミンと呼ばれるものです。

脳内の分泌物ドーパミン

ドーパミンというものは、精神と密接な関係があり、何か事を始める時など、やる気を起こさせるきっかけともなるもので、日常生活でも常に分泌される機会があり、人間が生きていく上でたいへん重要な役割を担っています。

さらにドーパミン分泌時には恍惚感を得られます。

人間が生きる上で重要な物質が恍惚感を伴って分泌されるのですから、分泌させる手段を覚えてしまえば、その行為に依存してしまうのはある意味必然と言えるでしょう。

ギャンブルがもたらす恍惚感

ギャンブルは、ほとんどの場合が現金による投資ですよね。パチンコで玉を買ったり、競馬で馬券を買ったり…

したがって、その行為は自身にとってマイナスとなる状況からスタートするわけです。

依存してしまうギャンブルの中で最もポピュラーなのは、全国に点在する店舗の多さや、わずらわしい手続きをする必要もなく、お金さえあれば誰でも気軽に向かい合う事ができてしまうパチンコ・パチスロと言って間違いないでしょう。

競馬も足を向けるまでは時間がかかりましたが、ハマればあっというまに競馬場へ通う日々…(ハズレ馬券の山ができました)

現金を投資し、徐々にお金が減っていく過程で増幅する不安感は、当って玉もしくはコインの獲得によって結果的にお金が増えた時、恍惚感に変わります。

お金が増えたという打ち手にとって喜ばしい事象が脳に働きかけ、ドーパミンを分泌させるのです。

これが麻薬のようなものであり、これを味わう体感したいが為に嵌っていき、最終的にはギャンブル依存病となるのです。

注意事項
★当サイトはギャンブル依存症に関しての情報を、管理人の独自の視点と経験から記述しているサイトです。
★万が一、当サイトの情報を利用して、利用者の方が何らかの不利益や損害などを被った場合、当サイトの管理人はその一切の責任を負いません。
★当サイトのご利用は、全て利用者の方の自己責任でお願い致します。
リンクについて
■当サイトはリンクフリーとなっておりますのでリンク時の連絡等は特に必要ありません。
■リンクを貼るページは、当サイトのトップページでお願いします。テキストリンクだけでも結構ですよ(*^▽^*)
■禁止事項としまして、当サイトの各コンテンツへの直リンクは禁止してますのでご了承ください。
●サイト名:ギャンブル依存症克服!
●URL:index.html
●紹介文:『ギャンブル依存症克服!』では、ギャンブル依存症を克服したい皆様の為に、ギャンブル依存症の正しい知識と、ギャンブル依存症に関する総合サイトとなっています。

Valuable information

信州伊那自動車教習所で習う
http://www.driving-school-no1.jp/

2017/4/20 更新

Page Top